江戸川区での保育求人の選び方は?6つのポイントを大公開!

東京都江戸川区は、都心に通う人からも人気のエリアです。江戸川区には、新しい保育園が次々にオープンしています。東京エリアで保育求人を探す場合、このエリアは狙い目になるかもしれません。今回は、江戸川区で保育求人を選ぶ際のポイントを、6つほど紹介します。

募集要項などを見るときには、ぜひ参考にしてみてください。

⇒働きがいがある文京区内の保育求人を選ぶにはどうすべきか?

「月収や年収」は最初に見ておきたいポイント

江戸川区の保育求人を選ぶときに重要なチェックポイントになるのが、月収や年収などです。求人広告の募集要項には、必ずと言ってよいほどこういった給与面の待遇が掲載されています。江戸川区の場合、保育士の給与には少し幅があるようです。

このエリアには、保育士の月収が30万円以上の待遇がよい保育園もあれば、月収16万円前後の保育園もあります。給与の額は仕事内容や雇用形態、保育士のキャリアによっても大きく変わるため、求人を比較するときには細かい部分もしっかりと確認しておきましょう。

雇用形態が派遣社員やアルバイト、パートの場合は、時給で給与が記載されているのが一般的です。このような雇用形態で働く場合は、働き始めてからの実働時間がどのくらいかをチェックしないと、実際の給与の額は把握できません。

月収や年収をチェックする際には、自分が希望する働き方ができるかどうかも考えておく必要があるでしょう。江戸川区では、初めて保育の仕事に就く人やブランクがある人でも応募できる正社員の保育求人がでることがあります。

こまめに情報をチェックしていれば、掘り出し物の求人に応募できるケースもあるかもしれません。

働きやすい環境かどうかは「年間休日」でチェック

江戸川区の保育求人を見る場合、働きやすさもチェックしておきたいところです。働きやすい職場かどうかを知る参考になるのが、年間休日数です。ゆとりのある働き方を求めるのであれば、年間120日前後の休日がある施設を探したほうがよいかもしれません。

江戸川区の保育園には、年間休日が120日以上のところも多く見られます。土日祝日や年末年始などにしっかりと休めれば、プライベートも充実させられる可能性がありますよね。保育の仕事が好きで就職をしても、休日が少ないと徐々にストレスが溜まってしまう可能性もあります。

長く働ける職場かどうかをチェックするためにも、年間休日数はできるだけ確認しておきましょう。残業がどのくらいあるかも、可能な限り調べておいたほうが安心です。派遣社員の求人などは勤務時間にいくつかのパターンがあるケースも多く、自分に合った働き方ができるかどうかはケースバイケースです。

今後の子育てを希望している保育士にとっては、育休や産休の取得制度があるかも重要なポイントになるでしょう。

「住宅のサポート」があれば安心して仕事が始められる

住宅に関するサポートがあるかどうかも、江戸川区の保育求人を見るときのポイントです。江戸川区の保育園では、社宅や寮、借り上げ住宅などを完備しているケースもあります。こういった住宅が利用できれば、遠方から引っ越す人も安心して仕事がスタートできるでしょう。

また、住宅手当がつく保育求人も、江戸川区では見られます。職場の近くに家を借りるときなどは毎月の家賃を支払う必要がありますが、手当があれば負担はだいぶ楽になるかもしれません。仕事を始めると同時に生活の基盤を築きたい人は、給与や年間休日数だけでなく福利厚生の充実度もしっかりとチェックしておくのがベストです。

福利厚生が充実している施設は、給与が多少少なくても長い目で見るとメリットがあるかもしれません。求人を見るときには、いろいろな項目を総合的に判断して選択をしていきましょう。

施設の規模や働き方がイメージできる「園児の定員」

保育求人には、園児の定員が記載されていることも多いです。こういった情報を見ると、施設の規模や入ってからの働き方がイメージできるかもしれません。園児の定員が多い保育園は規模が大きく、職員数も多いのが一般的です。

保育士などの職員数が多い場合、仕事の分担がしやすい可能性がありますが、園児や保護者との交流は少なくなるかもしれません。園児の定員が少ない小規模な保育園の場合は、保育士と園児、保護者とのアットホームな交流が期待できるのがメリットです。

ただ、このような保育園では1人の保育士がいろいろな仕事をこなさなければならないケースも少なくありません。江戸川区の保育求人を選ぶときには、どのようなスタイルで保育に携わりたいかを明確にしておくと役立つでしょう。

仕事の負担も、考えておいたほうがよいかもしれません。

雰囲気をチェックするときに役立つのが「設立年」

保育園の雰囲気を知りたい場合は、施設の設立年などが参考にできます。歴史ある保育園には、その職場で長く働いている保育士や職員もいる可能性があります。毎年おこなわれる恒例行事が、1つの伝統になっているケースもあるでしょう。

このような保育園は、雰囲気に少し保守的なところがあるかもしれません。これまでの歴史がある分、仕事の進め方についてもスタイルが決まっている可能性があります。一方、設立されて間もない保育園やニューオープンする保育園の場合は、フレッシュな雰囲気があることが多いです。

ニューオープンする保育園では、職員が同時に仕事をスタートできます。職場の人間関係が心配な人は、新設されたばかりの保育園や、これからオープンする保育園を探してみるのも1つの方法になるでしょう。

「通勤時間」が少なければ負担が減る可能性が高い

長く働ける職場を探したいときは、職場までの通勤時間も確認しておきたいポイントになってきます。公共交通機関を使って保育園まで通う場合は、乗車する時間帯の電車の本数や混み具合を調べておくとよいかもしれません。

複数の鉄道路線が使える場所なら、人身事故などの影響で電車の運行がストップしてもスムーズに職場までたどり着ける可能性があります。また、最寄り駅から保育園までの所要時間も要チェックです。車を利用して通勤したい場合は、職員用の駐車場や車がとめられるパーキングなどが保育園の近くにあるかどうかもチェックポイントになるでしょう。

通勤時間が長いと、精神的にも身体的にもストレスが増えるケースが多いです。江戸川区の保育求人を探す際には、自宅から近い保育園を優先的にピックアップしてみるのもよい方法になるかもしれませんね。残業が多い保育園の場合、通勤時間が短いほうが負担が減るでしょう。